ネット副業で稼ぐ

【定年退職後でも大丈夫】高齢者が稼げるネット副業とは

らくりん
定年退職後のサラリーマンがお金を稼ぐには、ネットでの副業が最適です

いくら高齢者の労働意欲が上がっているといっても、60歳を過ぎて新たな職を見つけるのは簡単なことではありません。

その点、ネットなら年齢、性別、国籍一切関係なく、誰にも平等に稼げるチャンスがあります

ここでは、高齢者が稼げるネット副業についてご紹介します。

高齢者の年金事情

将来、いくらぐらい年金をもらえるか、どれだけの方がしっかり把握しているでしょうか?

サラリーマン時代の月給と同じぐらいもらえるとは思っていないでしょうけれど、正確に計算すると意外なほど少ないことに驚かれる方は多いです。

年金には国民年金と厚生年金があります。

国民年金

国民年金は、日本国民が満20歳から誰もが加入する年金で、以降、40年間、60歳まで納め続けます。

40年間きちんと納めた場合、国民年金の満額は年間78万100円です。

1年で約78万円ということは、1カ月当たり約6万5千円になります。

国民年金だけでは生活するのにあまりにも少ない金額ですから、サラリーマンは厚生年金が頼りです。

厚生年金

厚生年金の場合、支給される金額はその人の収入と厚生年金に加入していた期間で決定されます。

厚生年金の計算方法は、2つの計算式を使って金額の大きい方で決定される複雑な仕組みになっており、具体的な金額は個人個人まったく違います。

もちろん高収入だった人ほど支給額が高くなる仕組みなのですが、それでも一般的な支給額は十分とは言えない金額です。

たとえば、厚生年金に加入していた期間の平均年収が500万円だった人で、国民年金と厚生年金を合わせた月々の支給額が約15万円、平均年収750万円だった人でも20万円を切る金額になるという調査があります。

また、総務省によると、高齢者の夫婦世帯の年金支給額の平均は約19万円とのことです。

総務省では、高齢者の単身世帯と夫婦世帯それぞれの家計収支のデータも公開しています。

それによる、単身世帯の消費支出が約14万2千円、夫婦世帯で約23万5千円とのことです。

いずれにせよ、年金だけで生活するのは難しいことがわかります。

年金だけでは不十分

実際、多くの高齢者が年金だけでは不十分なため、現役時代の貯蓄や退職金を切り崩して生活しています。

また、最近は核家族化も進んでおり、子どもに頼りづらくなっていることも、高齢者の生活を逼迫させている理由の一つです。

もはや年金だけで豊かな老後を送れるという時代ではなくなりました。

実際、今のサラリーマンは、従来のように退職後は隠居して悠々自適に暮らすより、多くの人が気力と体力の続く限り働きたいと希望しています。

現実に高齢者の労働意欲は以前より増しています。

内閣府の高齢社会白書によると、仕事をしている人のうち、65歳までに退職したいと考えている人は全体のわずか3割弱です。

実に7割以上の人が、70歳以降も、もしくは、働けるうちはいつまでも働きたいと考えています。

高齢者が働ける場所は?

高齢者になっても働き続けたいと希望する人が増えていることがわかりましたが、では、そういう人たちはどこで働くことができるのでしょうか?

現役時代に培った技術と経験を活かせる職場が見つかれば理想ですが、現実はそれほどうまくいきません。

転職が一般的になった現在でも、多くのサラリーマンは特定の企業で働くことに最適化されているため、新たな稼ぎ方を見つけるのは簡単なことではないのです。

高齢者でも比較的採用されやすい仕事として、警備員や清掃員があります。

ただ、それまでオフィスワーク中心だった人が、こうした体力仕事を始めるのは肉体的にも精神的にもかなりの負担です。

しかも、その収入もアルバイト程度にしかならないことがほとんどで、多くの高齢者が時給1,000円前後でやりくりせざるを得なくなっています

それで満足できるというのならともかく、おそらくほとんどの人は不満を抱いていることでしょう。

高齢者ならば断然ネット副業すべきです

そんな先行きの厳しい高齢者の方々におすすめしたいのが、インターネットを使った副業です。

ネット副業というと、「高齢者になってからネットで稼ぐなんてできっこない」と感じる方も少なくないでしょう。

しかし、やり始めてみるとわかりますが、お小遣い程度の収入を得ることは誰でも比較的簡単にできるのです。

何歳になっても始められます。

それに、最近は高齢者といってもパソコンやスマホは身近な存在ですし、実際、日常的にネットを使いこなしている人は多いはずです。

ネット副業の最大のメリットは、年齢に一切関係なく誰にも平等に稼げる機会があることです。

楽して稼げるとは言いません。

それなりに稼ごうと思うと、ある程度の時間とエネルギーを投入する必要があります。

しかし、定年退職後なら、自由な時間は現役時代よりはるかにあります。

その時間とエネルギーをネット副業に傾ければ、老後の生活の糧になるだけの収入を得ることは十分可能なのです。

高齢者におすすめのネット副業とは

ネット副業は数ありますが、ここではネット初心者の高齢者でも始めやすい方法をいくつか紹介します。

小遣いサイトでお金を稼ぐ

ネット副業が初めての方は、まずはお小遣いサイトを使って本当にネットでお金が稼げることを実感してください。

お小遣いサイトとは、そのサイトを経由するショッピングや、資料請求、アンケート、無料ゲームなどでポイントがもらえるサイトのことです。

ポイントは現金に交換できます。

お小遣いサイトは誰でもすぐに結果を出せます。

ネット副業に詳しくない方は、「本当に稼げるんだろうか?」という不安があるものですが、実際にやればやるだけ稼げることを知ることが大切です。

それに最適なのが、年齢や性別など一切関係なく誰もが参加できるお小遣いサイトなのです。

とはいえ、お小遣いサイトは、あくまで文字通り「お小遣い」程度しか稼げないことにも注意してください。

これだけで月に何万円も継続して稼ぐことは至難の業でしょう。

ですので、ネットでお金を稼げることを実感できたら、すぐに次のステップに進みましょう。

ブログでお金を稼ぐ

数あるネット副業のなかで、高齢者におすすめなのがブログです。

いまや多くの人がブログを書く時代ですが、自分の書いたブログを通じて収益を得ることも可能です。

高齢者にブログをおすすめする理由はいくつもあります。

まず、自由な時間がたっぷりあることです。

ブログで稼ぐには大量に書き続けることが第一条件ですが、それができずに多くの人が稼げる前にやめてしまいます。

その点、定年退職後の高齢者なら毎日書く時間を確保することは難しくないはずです。

また、高齢者にはこれまでの人生で培った経験があります。

仕事で得た専門知識でも、趣味の分野でも、若い人にはない貴重な経験があるはずです。

それらを掘り下げて書き続ければ、読者の数も自然と増えていくでしょう。

誰でもそうですが、ブログを始めた途端に大金が入ってくることはありません。

しかし、2カ月、3カ月と根気強く書き続ければ結果は付いてきます。

自分の書いた文章を人に読んでもらうことはやりがいにもなりますし、まずは数カ月、ブログを続けてみてください。

その他の方法でネットでお金を稼ぐ

これ以外にも、ライティング、データ入力、スキル販売、YouTube、せどりなど、ネットでお金を稼ぐ方法はいくつもあります

スキルを要するものもありますが、年齢に関係なく誰もがチャレンジできるのがネット副業のメリットです

ブログ以外にも興味があればまずはやってみましょう。行動力こそが結果につながります。

-ネット副業で稼ぐ

Copyright© Raku-Toku Money , 2021 All Rights Reserved.