ネット副業で稼ぐ

【厳選8つ】海外に住んでいる人が稼げる副業はこれだ

らくりん
あなたが海外に住んでいるのなら、それは大きなメリットです。

ここでは、海外在住であることを強みに、通常より稼ぎやすい副業の中から、おすすめのお仕事を厳選して8つご紹介します。

現地ガイド・コンサル

現地ガイドやコンサルティングも、海外在住ならではの副業です。

海外に在住している日本人が利用できるプラットフォーム「現地ガイド・コンサルティングサービス」では、トラベロコ(Travel Loco)が有名です。

その国を訪問する旅行者やビジネスパーソンのために観光プランを作成したり、現地事情などの相談にのったりするほか、ガイドや通訳などのサポートを行って収入を得るサービスです。

このほかにも現地で行われるコンサートなどのチケット購入代行や、地元でおすすめ店舗・観光スポットの紹介など、自分が得意な分野を登録して、好きな方法でお小遣い稼ぎができます。

料金は自分で決められるのですが、目安としては、時給3000円~5000円、日給1万5000円~2万円、WEBサービスでは1件あたり500円~5000円程度です。

YOUTUBEに動画投稿

You Tubeに動画を投稿して、動画の広告をクリックしてもらう副業も人気です。

再生回数が多いほど、広告をクリックしてもらう可能性が高くなりますから、独自の動画をYou Tubeから配信して、少しでも多くの人に閲覧してもらえるよう工夫しましょう。

You Tubeで1万円を稼ぐためには、約20万回再生される必要があるといわれています。

海外生活のノウハウ、英会話のレッスン、現地の人が使っているネイティブな会話、おすすめの観光スポットなど、海外生活者ならではの情報を発信してみてはいかがでしょうか。

海外商品を日本へ輸入

現地の商品を購入して日本で販売する輸入業務も、海外在住の特権といえます。

個人輸入を本格的に行う場合、さまざまな知識が必要となりますが、海外在住の出品者によるソーシャルショッピングサイト・BUYMA(バイマ)を利用すれば、特に知識がなくても商品を販売することかでできます。

このほかAmazonやメルカリ、ヤフオクなどでも、海外の商品を販売できますが、これらのサイトではあらかじめ商品を仕入れる必要があります。

しかしBUYMAの場合は、商品を仕入れずに在庫無しで購入者を募集できるのが最大のメリットです。

このような商品がありますよ!と紹介してユーザーから注文があれば、その時点で商品を購入して発送すればいいので、無駄に在庫を抱えて損をするリスクがありません。

また、登録料や出品手数料が無料で、商品が売れた時点で手数料を支払えばいいので、低コストで副業ができるのも魅力です。

日本の商品を海外へ輸出

日本の商品を海外に輸出して、世界中の人に販売する副業のアルバイトも人気です。

日本人だけを相手に商売をするよりも、世界中の人を相手に商売をした方が、何十倍も稼げるはずです。

特に円安の時期は、輸出で設けるのに最適の時期です。

為替情報にも目を配り、賢くお小遣い稼ぎをしましょう。

海外へ日本の商品を輸出する場合、自分でWebサイトを立ち上げてネットショップを開設したり、Amazonを利用したりする方法などがあります。

しかしそれよりも、もっと簡単な方法としておすすめなのがeBay(イーベイ)です。

eBayはアメリカで生まれた、世界最大級のECサイトで約30か国もの国や地域で利用されています。

ECサイトといってもeBayはオークションサイトなので、お店で販売されている商品だけでなく、自宅で使っている中古品や不用品を販売することもできます。

また、過去に売れた商品を簡単に検索でするので、売れ筋の商品を調べれば、何を販売すればいいのがすぐに分かるので便利です。

高品質な日本の商品は、世界中で人気です。

アニメやゲーム、アーティストのCDをはじめ、電化製品や伝統工芸、消えるボールペンなどの文房具などなど……売れ筋の商品が数多く販売されているので、商品選びに困ることもがありません

海外に住みながら、日本の商品を仕入れる方法はさまざまです。

帰国したときに売れ筋商品を購入する方法や、家族や友人に商品を送ってもらう方法などが考えられます。

日本から海外への商品の発送は、郵便局の国際郵便がおすすめです。

また、日本の商品を海外へ配送する、海外発送サービスを手がけている企業もありますから、居住先から日本のECサイトで商品を購入し、発送サービスを利用して海外の自宅まで発送してもらうことも可能です。

クラウドソーシングサービスで専門スキルを売る

海外在住の強みを生かせるネット副業として、特におすすめなのが、クラウドソーシングサービスを利用したWebライティングや翻訳、デザイン、プログラミングなどの仕事です。

クラウドソーシングサービスとはインターネットを介して仕事をしたい人と、仕事を発注したい企業などをマッチングさせるプラットフォームです。

1件○○円などと、多くの企業や個人が仕事を募集しています。インターネットで受注・納品するので、外国で暮らしながら、日本企業などから仕事を受託できるので便利です。

海外で暮らしている人は、英語など外国語に堪能な人が多いので、翻訳や現地のニュースを日本語にリライトするライティング、海外情勢やトレンドの紹介など企業からの需要が高く、日本に住んでいる以上のお金を稼ぐことができます。

案件は、CrowdWorks(クラウドワークス)などのクラウドソーシングサービスで頻繁に募集されています。

ブログでアフィリエイト

海外生活などについてのブログを書いて、そこに広告バナーを載せることで広告収入を得るアフィリエイトも人気です。

ブログによるアフィリエイトは、日本に暮らしていても可能です。

しかし、海外の情報を発信したり、海外の暮らしや文化について紹介したり、日々の海外暮らしで感じたことをブログに書くことで、他のサイトとの差別化が図れるので、読者を集めやすくなります

アフィリエイトは広告収入ですが、これらの広告を手がけているサイトで有名なのがA8.netです。

このほかAmazonや楽天の商品を紹介するアフィリエイトも手軽でおすすめです。

日本語を教える

日本語を教える副業もあります。

日本人からネイティブな日本語を習いたいというニーズは高く、誰にでもチャレンジできる仕事としておすすめです。

現地の語学学校などの教師になるのは難しいのですが、個人教授として町の掲示板などで日本語を習いたい人を募集することもできますし、スカイプを利用すれば生徒と直接会わなくてもオンラインでのレッスンが可能です。

スカイプを利用する場合は、 Preply(プレップリー)Verbal Planet(ヴァーバル・プラネット)などの、語学レッスン用のサイトを利用するのがおすすめです。

自宅に居ながらして日本語教師として働けるので、とても手軽です。

レッスン料は1時間につきいくらなど、自分が希望する金額を設定できます。

目安としては、45分で20ドル程度。誰でも気軽にできる副業として、人気があります。

airbnb(エアビーアンドビー)で部屋を貸す

インバウンドの需要が高まり、日本でも民泊という言葉をよく耳にするようになりました。

airbnb(エアビーアンドビー)は、世界最大級の宿泊施設や民泊の予約サイトです。

サイトでは世界2万都市、530万件以上の宿泊施設が紹介されています。

airbnbを利用すれば、自分の部屋や家を宿泊施設として活用することが可能です。

たとえば一時帰国して部屋を使わないときに、民泊として貸し出す。

また海外では広い家も多いので、使っていない部屋を貸し出すこともできます。

逆に、海外在住で日本の自宅が空き家になっている場合、その日本の家やマンションを民泊として貸し出すことも可能です。

-ネット副業で稼ぐ

Copyright© Raku-Toku Money , 2021 All Rights Reserved.